×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

五月病に効く食事法

過度のストレスや環境の変化によって起こる五月病は、生活リズムが狂い、栄養バランスが崩れてしまうのも一因です。
五月病に効く食事法について、イライラした気持ちを抑えるにはカルシウムが効果的で、牛乳、小魚などに含まれ、牛乳は、ホットミルクにしたりコーヒーに入れて飲み、ヨーグルトもまた、カルシウムを多く含んでいますが、牛乳が苦手な人はグラタンなど料理に利用したり、チーズを食べたりしてください。
しらす干しなど小魚は、チャーハンに混ぜたりしておいしくいただきましょう。
カルシウムは五月病に効果があるだけではなく、骨を作り、しっかりした体を作りますし、最近は、カルシウムが強化された商品も販売されています。
ビタミンCはストレスから、体の細胞を守ってくれますので、野菜や果物をしっかり摂り、朝の果物を1品追加する、野菜ジュースを飲むなど、気軽に試せる方法をとるのが、長続きのコツです。
ビタミンCは、風邪の予防にも効果がありますし、お肌の張りも整えてくれます。
食事を考えると、栄養バランスがとれ、その結果はつらつとした生活が送れますし、栄養バランスの取れた食事は、五月病だけでなく、病気に負けない、強い心身を手に入れることにつながります。

スポンサード リンク

アロマテラピーで癒す五月病

ゴールデン・ウィーク明けから環境の変化やストレスが原因で五月病と呼ばれる症状に悩まされる人が多くなります。
落ち込みや食欲不振などの、五月病の症状の緩和に効く方法の1つがアロマテラピーで、五月病の症状を和らげる、アロマテラピーの効用について、
・香りの効果
好きな香りを嗅ぎますと、心が洗われたような気持ちになり、肩の力が抜け、気持ちが楽になっていきます。
・エッセンシャルオイルの効果
エッセンシャルオイルの成分は、体が不調にも効果があります。
ローズマリー:脳に刺激を与えますので、気力を回復し、やる気を引き出します。
レモン:集中力を高め、疲労回復に効果があります。
ジャスミン:憂鬱な気持ちを静めてくれます。
ベルガモット:心に活力を与え、気持ちを明るくします。
ラベンダー:自律神経を整え、リラックス作用があります。
家で香りを楽しむには、好きなオイルを1、2滴ティッシュに垂らして、就寝時、それを枕元に置く、もしくは、アロマポットを使ってください。
お風呂にオイルを3〜5滴入れて楽しむアロマバスもお勧めで、この場合は、オイルを入れてからよくかき混ぜてください。
なた、効果的なオイルを選んで施術をしてくれるアロマセラピストの元でトリートメントを試みるのも良いでしょう。
ただし、いつまでも症状が抜け切らない場合は、隠れた病気がある可能性もがありますので、その場合は病院で診察を受けるようにしてください。

五月病に効く漢方薬

病気ではないのに、疲労を感じたり、めまいが起こったりする五月病と呼ばれる症状を抑えるのに、漢方薬が用いられることがあります。
漢方薬とは、天然物(生薬)が薬として使われてきた歴史の中で、その有効成分を取り出したり、手を加えたりして誕生したもので、漢方薬の使用は、ひとりひとりの体調や体質などに合わせて処方される、オーダーメイドの治療法です。
現在では、西洋医学では対処できない症状にも効果が認められ、広く病院で使われるようになっていますし、漢方薬が健康保険で利用できるようになり、ますます漢方薬の利用が広がっています。
ただし、漢方薬の名の通り、あくまで薬ですので、副作用がないとはいえませんので、特に他に薬を飲んでいる人は、医師と相談して飲むようにしましょう。
漢方で考える五月病とは、「気」の不足、「陽気」の不足、「血」の不足などです。
「気」の不足とは、精神力が弱った状態。
「陽気」の不足とは、体を温める力が弱った状態で、体が冷えて精神的に不調になります。
「血」の不足とは、心の栄養不足。
漢方薬は、五月病のイライラした気持ちを抑えたり、逆にくよくよした人には気を上げたりできますので、五月病の症状に悩む人は、漢方薬の利用を選択肢の一つとして考えてみてはどうでしょうか。

Copyright © 2008 五月病に効く癒し法